生前葬を上げる人類が最近は増えてきていますが、

生前葬にはプラスがあります。

それは、自分が用心になったヤツ、あるいは睦まじいヤツ、
そういった方々に、直接お別れを当てはまるということです。

そのため自分自身の宿命に区切りをつけることができるのです。

そもそも生前葬は、誰もが言えるものではなく、
相当、死を間近にした人だけがあげることができるお葬式だ。
用心になったヤツや、親しかったヤツに別れを知らせることによって、
残りの宿命をまた生き抜くことができるのです。

そうして、お葬式を自分のやりたいように演出することができます。

但し生前葬にも、問題はあります。
生きている内にお葬式をあげる結果、遺族は酷い力をしかねません。

また多くの遺族が、生前葬を通じても、
亡くなられてからまたお葬式を挙げることがほとんどです。
普通2回もお葬式を挙げることになりますので、金銭的にも精神的にも負担となってしまう。家族だけのお葬式ならこちら