近頃は、心から様々なお葬式のあり方があります。

高齢社会になったからでしょうか…。
時代遅れでは、だいぶ考えられないようなお葬式が、執り行なわれていらっしゃる。

その一つが、「生前葬」だ。
生前葬というのは、お葬式を言える本人が、未だに生きているうちにお葬式を執り行なうことだ。
そうしてそのお葬式のホストは、お葬式を言える己…ということになります。

とは言っても、生前葬はまだ元気な状態でお葬式を見せることではありません。
どちらかというと、本人が「今やじき自分のいのちが終わるかもしれない…」といった自覚してから受け取れるものです。
またそれが実質となっています。

生前葬を行った場合には、
仮に正に本人が亡くなってしまった時には、
遺族や親戚といったごくごく睦まじい人だけで、最低限のお葬式を挙げることが一般的です。

また呼ばれたとしても、亡くなられた己って親しくしていた周りや仲間だけでしょう。家族葬の詳しい情報はこちら