香典

香典とは、そもそもお線香や抹香、お花の代わりとなる物です。
現金を不祝儀用ののし袋に包んみます。
現在は、現金となっていますが、昔はお金ではなく、
お線香や抹香、お花といったものを霊前に供えていました。

お通夜やお葬式のどちらかで、香典を渡します。
もちろんどちらにも参列できない場合は、ご自宅に持って行くこともあります。

香典…といっても宗教によって、様々です。
不祝儀袋の表書きの書き方が異なってきます。

ただ難しく考える必要はありません。
不祝儀袋を購入したときに、その袋に宗教によっての書き方の説明が記載されています。
それを参考に書けば、何ら問題ありません。

お通夜やお葬式のどちらにも参列することができない場合、あるいはその後ご自宅へ持って行けない場合、
そんなときは、お香典を郵送で送ってもかまいません。
しかしその場合は、弔電を打ちましょう。
また香典は、現金書留で送ります。
そしてお悔やみの言葉を書きましょう。

家族葬が安いのはこちらです